スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■こっそり四万十川ウルトラにエントリーしてました♪

実はエントリーしてたんですよね、四万十川ウルトラマラソン。

四万十もう一回走りたい大会です。

膝はイマイチだけども、こっそり走れたら嬉しいかなって思ってましたが

結果は落選(涙)

大阪、神戸、四万十川と三連敗なのだ。

四万十川、東京、大阪と三連勝したことが、懐かしいっす。

膝の調子が良くないし、体重も減ってないから、早いって事なんかな?

次になんか大会に出たいな~!!



応援クリックよろしくお願いします。
コメントもお待ちしております!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

■四万十川ウルトラマラソン 完走率■

第16回四万十川ウルトラマラソンの集計表によると100Kmの完走率は73.8%

出走1494人 完走1102人 全体で73.8% という計算。

男性だけで見ると
     出走   完走    完走率
登録   150  123   82.0%
未登録 1141  841  73.7%
全体   1291  964  74.7%

4人に1人はゴールしてないって事。

100キロって大変な距離だもんね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村の入り口

■四万十川ウルトラ<装備とか>■

今回のウルトラを走った装備と気づき事項とかどうでもいい話

【装備編】
《ウエア》
・Reebok半袖Tシャツ⇒手持ちの中で一番ストレスが少ない
・CW-X Proモデルハーフタイツ
・C3fitパフォーマンスゲイター⇒テーピングをゲイターでカバーです
・NIKE5本指ソックス
・adidasキャップ
・OAKLEY フラックジャケット
・ASICS ゲルフェザーGS3 with RunDesign
ウエアのメーカーバラバラですね(笑)

《持ち物》
・montbell クロスランナーポーチ
・デジカメポーチ
・ショッツワイルドビーン味(10キロ毎に補給)
  ⇒20キロ毎でもいいような気がします。
・メダリスト5500(20キロ毎に補給)
・ウィグライPro(10キロ毎に補給)
・エンライテン(気が向いたら補給)
・塩飴3⇒舐めないのでカヌー館でさよなら。飴は苦手です。
・ガスター10⇒スタート前にとる予定が忘れてた
・雨よけビニール袋⇒使用せず
・痛み止め⇒2回使用。これは役に立ちました
・芍薬甘草湯⇒使用せず
・関門時間と目標時間表(速いVerと遅いVerの2枚)
・ZAMSTアームスリーブ⇒寒くなさそうなのでカヌー館でさようなら
・デジカメ
・バンダナ⇒ポーチにぶら下げ
・SUNNTO T3C⇒使い方忘れてた(笑)
・小銭⇒使用せず

《カヌー館荷物》
・ショッツワイルドビーン味⇒飲みやすい!次もショッツにしよう。
・メダリスト5500
・ウィグライPro
・エンライテン⇒入れ替えせず
・ガスター10⇒入れ替えせず
・Reebok長袖⇒着替えせず
・アディダスノースリーブ⇒着替えせず
・ニューバランスMR966⇒履き替えず
・ソックス⇒履き替えず    ☆10.10.31追記

【気づき編】
《胃の調子》
胃は丈夫みたいです(笑)最後までしっかりと飲んで食べることができました。
ウルトラは胃が食べ物を受け付けなくなる事があるのでガスター10を
飲んでおくようにアドバイスいただいていたので準備してました。
しかーし、レース前のバタバタで摂取を忘れてしまいました。
レストステーションでも完全に忘れてて、荷物の整理してて気がつきました(笑)

《シューズ》
ゲルフェザーで問題なし。
マメ、靴擦れ無し。左足の薬指がちょっときつい以外のストレスはなし。
ワイドのほうがいいのかな??
右足アーチにほんの少し違和感を感じる時が有りましたが一瞬でした。
踵の違和感も出ることはありませんでした。
RunDesignのインソール効果だと思います。すごいです。

《日焼け》
日焼け止め持っていこうか悩んだのですが、汗で流れるだろうということで
もって行きませんでした。失敗ですね。
一日中外に居たのでしっかり日焼けしてしまいました。
日焼け止め対策しておくほうが良いです。

《筋肉痛》
月曜日 腿前面70 階段はきついけど上れる!
火曜日 腿前面70 ハム30
水曜日 腿前面50 ハム20 脛&ふくらはぎ10
木曜日 腿前面25 ハム10 脛&ふくらはぎ5
金曜日 ほぼ完治。夕方にはゼロ。
    しかし筋肉の芯は疲れているのかな?スクワットしたらきつかった。
土曜日 ゼロ
木曜くらいには完治と予想してたので予定通りです。
筋肉の芯の疲れはあるみたいですが、ウルトラもフルも完治ペースはほぼ変わらず。

《関節痛》
練習から気にはなっていましたが、レース後2~3日してから左足首に若干違和感発生。
走ってないので今は気になりません。普段の練習したときと同じ感じです。
次回から足首もテーピングしてみます。
直前の練習でひさびさに股関節の外と、膝のさらの下が痛くなることが有りましたが大丈夫でした。

《テーピング》
今回はガッツリテーピングして走りました。
左右膝、左右のふくらはぎ、右ハムストリングス、右足ハムの外側、右足の脛
前半多少右ハムに違和感がありましたが、以降は問題なかったので、効果があったと思います。
貼り方は・・・もう少し勉強が必要かもしれません。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村の入り口

■四万十川ウルトラ<レポ3>カヌー館~ゴール■

(カヌー館~ビールエイド)
橋を渡って左に曲がるとカヌー館です。橋の上から眼下にランナーが見えます。
入り口には62.1Kmの関門。7時間弱で通過。
ここではスタッフの方に写真を撮っていただきました。
s24
この写真には唯一自分が写っています(笑)結構お気に入り写真!
荷物に歩き出したらmaziさんが声かけてくれました。
少ない知り合いに逢えるようになってるんですね。
maziさんは休憩もそこそこに再出発するとのこと。すごい!

私は荷物を受け取り、ドーピング剤(笑)の補給です。
塩飴、アームカバーはここで置いてゆく事にします。
ウエア、シューズともストレス無しなので着替えはしません。
シューズを脱ぎ、足を揉んで、後半に向け紐を締め直して気合を入れます。

ここのエイドでは一通り食べまくりました。
何するって決めてなかったので、周りを見ながらうろうろ(笑)
するとアイシングのコーナーを発見!
座るつもりは無かったけど、腿前面をアイシングするために少しの間座ります。
左隣ではバットマンが頭に氷を入れようと、ボランティアの人と苦戦中。
うまい事いかず失敗ばかりなので笑ってしまいました。

気分で座っただけなので、さっさと引き上げます。
立ち上がってハムのストレッチ。私の場合、右ハムには注意が必要です。
再出発しようとトイレを探してたらトイレの矢印発見!
なんと階段の上じゃ~ん。ちょっとびびってたら、階段は難なく上れました。
もっと短い感じがしてたけど、だいたい15分くらいカヌー館で時間を費やしたようです。

残り38キロ。気持ちの中ではいよいよ後半のスタートです。
次の目標は80キロのエイド。自分のペースで走り出します。
s25
カヌー館を出て暫くすると、軽い頭痛を感じてきました。
また、右腕のひじから先がだるくなってきました。腕を揉んでほぐしますが状況は改善せず。
ボチボチ身体にガタが出る頃かもしれません。足腰は大丈夫です!
早めのエイドで鎮痛剤を飲むことにしました。

しかし右腕は状況が悪くなるばかり。肩が重く、だるくなってきて
70キロ過ぎていよいよ腕を振ることができない位に辛くなって来ました。
仕方がありません。右腕親指をポーチのベルトに引っ掛けて左腕だけで行ける所まで行くことに。
頭痛は改善しあまり感じなくなってきましたが、右腕は使えないままです。
エイドでは右肩に水をかけます。

10キロ位は左手だけで走ったと思います。少し腕を振ってみると薬のおかげか何とか動くように
なりました。80キロ代のエイドでも念のため、二度目の鎮痛剤を補給。
左腕だけで走ったり、両腕で走ったり様子を見ます。なんとか腕は動きます。
ほとんど平坦な道が続きます。既に記憶が定かではありませんが、
70-90キロは自分でも結構走れてたような気がします。

エイドでは欠かさず水分補給していましたが、75キロを過ぎてから、すぐ喉が乾くようになります。
トイレにも行くのですが・・・。腕の異常以外で感じた身体の変調です。
レース後ハンサムネコさんに脱水症状だったのでは?と言われて納得。
やはりトイレを恐れて、水分補給が十分ではなかったのかもしれません。
走ってる時はそんな風に考えもしませんでした。
カヌー館を過ぎてからはトイレも比較的空いてるので、しっかり水分補給しておけばよかった。

82キロ地点は有名なエイドの登場です。
冷たいお絞りがランナーを迎えてくれます!超気持ちいい~。
s27
ここではコーラ2杯、そしてBEERを一杯。お寿司ひとつ。海老を3匹ほど頂きました。
s28
身体は動くので長居は無用です。いつものペースで再出発。

50キロを過ぎてからはエイドが空いてきたこともあって、すごし方にリズムが出てきました。
ショッツ補給エイドでは、少し手前から歩き出して、歩きながらショッツを補給。
かぶり水の後、水を受け取り、飲みながら歩きます。飲み終わったらすぐ走り出します。
エイドにある最後のゴミ箱まで歩くことは無かったかな。

ビールエイドを過ぎると、残りはいよいよハーフの距離もありません。
いつものあのコースのあれ位か、なんて皆が考えることを当たり前のように考えます。
走って、時々歩いて、更に時々ハムストリングスのストレッチを繰り返します。
そして次のエイドと5キロ毎のラップを目標に淡々と走り続けます。
この距離まで来ると、辛そうにしてるランナーを見ることが多くなってきました。
足が攣った女性がフラフラと道路脇に移動しているのを見るのは辛かったです。
何もできませんが、「大丈夫ですか?」を声をかけさせていただきました。

(カウントダウンの開始)
90キロを過ぎたら、止められていたカウントダウンの開始。
ここからの1キロは気分的に長く感じました。
少しでも上ってたら歩いて、また走る。そして抜かれた人を抜き返す、の繰り返し。
鎮痛剤が効いているせいか、右腕は重いけど振れない事は有りません。
どうやらこのペースで行けば、ギリギリ明るいうちにゴールできそうです。

9K8K7K・・歩みを進めます。残り2キロの看板です。
s29
よし、このカウントダウン看板はブログネタにしよう、と写真を一枚。
1キロ地点は・・・。看板がなかった(笑)。地面の距離表示だけでした。
あっけにとられてて、写真撮れず(爆)
沿道からは「お帰り~」の声援が聞こえて来るようになりました。

山道を抜けるとコースビデオで見た風景。車は右折、ランナーは直進。
いよいよ100キロの旅も最後です。ちょっと感動。
直進後左折し、ゴール前最後の上り坂のに向かいます。
ここは最後ですから走って上ってゆきます。しっかり走れます!
最後一緒に走ってきたRWS(RUN-WALK Style)のTシャツを着たイケメンのお兄さんはきつそうです。
頑張りましょう!と声をかけて抜いてゆきます。
そして最後の下りは腿がきつくて下れません(笑)よちよち走りです!
RWSのお兄さんは下れるみたいで激走で下ってゆきます。

住宅街に入り右折左折して進んでゆきます。
「おかえり~」「もう少し~」「がんばれ~」凄い声援です。
ここからは沿道に両手を振って、笑顔で声援に応えながら「ありがとう」を連呼して走ります。
ゴール会場の高校に入ってからは、ハイタッチしながら走ります。
今まで生きてきた中で一番沢山「ありがとう」って言った日だったと断言できます。

いよいよゴール。100キロの旅もここで終わろうとしています。
「兵庫のMJさん」とアナウンスがあったと思いますが記憶にありません。
前後のランナーとの距離も良い感じ(笑)
両手をあげてゴールラインを通過(したと思います)!
すべての人に感謝の気持ちを込めて、振り返ってキャップを取り一礼。
ありがとう!

ゴール後もボランティアの中学生達が大活躍していました。
完走メダルをかけていただき、ドリンクを持ってきてくれます。
椅子を探して座ると、チップの回収に来てくれると同時に
アイシングの氷袋も持ってきてくれます。ここでも、ありがとう、です。
ドリンクを一気飲みして、腿を冷やします。

周りの風景や会話が頭に入ってきますが放心状態です。
椅子に座ってると、涙が出てきました。
100キロ走りきったんです。こんな私にもできたんです!
impossible is nothing
走ってるランナーの背中にかかれた言葉が頭をよぎります。
感謝、歓喜、感動、自信・・・言葉にできない不思議な気持ちです。
s30

(AFTER RUN)
荷物を受け取り場に移動してると、RWSのお兄さんと目が合いました!
一言会話を交わして握手!うれしい瞬間です。
入り口付近でなんとネコさんと再び会うことができました。
完走を称えて、2,3歩進むと今度はmaziさんです。
カヌー館に一緒に入った彼女は私の数分前にゴールしていたそうです。凄い!!

荷物を受け取りマグちゃんに電話をいれると、momocoちゃんからの連絡で
完走した事を知っててくれたみたいでした。
二日間遊ばしてもらってありがとね、心配してくれてありがとう、まぐちゃん、いーる君。

着替えてしまうと荷物が邪魔になります(笑)
会場をうろうろしますが特に時間を潰せそうにありません。
グラウンドに出てウロウロしてると表彰台の前でクラちゃん、タボさん、チワママさん発見。
写真を撮ったり、話をしたり、楽しい時間を過ごすことができました。
クラちゃんとは2回目、タボさん、チワママさんは初めてですが、ランナー同士って
なんですぐ打ち解けられるんでしょう?まるで前からの友達みたいです。

最終ランナーのゴールを見届けたあと、循環バスで待ち合わせのホテルに移動します。
バスの中で今度はなんと姫さんと再会!見事完走されたそうです。
女性は強くて凄いですね。

待ち合わせのホテルに入ると民宿で同部屋の愛知の方に再会。
80キロの関門に引っかかってリタイヤだったそうです。残念!
バスの待ち合わせ時間まで缶ビールを飲んで、愛知の方とお話して過ごします。
これから風呂に入って晩飯食って夜行バスで大阪まで移動です。

近くの温泉施設に移動して風呂に入ります!
湯船に浸かってほっとしてると、左前方にブログで見たことある顔が・・・。
ハンサムネコさん再登場(笑)
ネコさんはもう一泊ホテルハンサムネコに宿泊してから帰宅されるとの事で
晩ご飯をご一緒させていただきました。楽しい時間をありがとう!
ネコさんとお別れしたら、バスは関西に向かって走り出します。

あ~終わっちゃった。

今回、お一人様で参加しましたが、肝心なところでブログの方々と
ご一緒させていただき充実した遠征となりました。

すべての方々に感謝いたします。
ありがとう!
四万十川ウルトラマラソン最高!!

おしまい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村の入り口



■四万十川ウルトラ<レポ2>スタート~スティッチとの出会い■

<スタート~スティッチとの出会い>

(目標)
今回の目標は完走ですが、一応計算しやすいペースでこんなプランを立てておきました。
身体はどうなるのか、どれくらいで走れるのか全くわからないので、13時間以内を目標にします。

10~60Km  7分00秒/Km  7時間00分
カヌー館レスト             15分
  ~80Km  7分30秒/Km  9時間45分
  ~90Km  8分00秒/Km 11時間05分
  ~100Km 9分00秒/Km 12時間35分

後半ダウンした時用にもう一枚作成。
10~50Km  7分00秒/Km  5時間50分
  ~60Km  7分30秒/Km  7時間05分
カヌー館レスト             15分
  ~80Km  8分00秒/Km 10時間00分
  ~100Km 9分00秒/Km 13時間00分

s31

裏面はもちろん関門時間です(笑)

(スタート~40Km)
遠くでスタートの合図が鳴りました。
真っ暗な空の下、1500人の集団は少しずつ動き出します。
s13
今までに感じたことのない緊張感を味わいながら、腕時計のスタートボタンを押し、歩き始めました。
スタートロスはだいたい1分30秒位だったと思います。
ペースは良くわかりませんでしたが、5キロのラップを確認するまで周りのペースに合わせて走ります。
道路脇のろうそくが綺麗です。スタッフ、ボランティアの方々に感謝!
s14

15分ほどで空はほんのり明るく、30分したら明るくなってきました。
最初のエイドを目指して走り続けます。
今回、民宿の同部屋の方から、距離を積み重ねたり、カウントダウンするより
小さく次のエイド、次の5キロを目指していく方が良いとアドバイスをもらっていました。
それを実践です。

15キロ位から本格的な上り坂が始まりました。
s15
上りは好きですが、少しだけ貯金もあるようなので自重します。
積極的に歩いて足に負担をかけないようにします。
少しきつめの角度は速攻で歩きます。渋滞してたら速歩き。
歩く時間は数秒で10数えることは無かったと思います。

ランナーズアップデートでのチェックは朝早いからまだかな?
なんて考えながら写真をパチリ。
s16

山頂のエイドではカステラ、梅干なんかを頂き出発。
よくブログで見るエイドに少し感動。
このあたりから少しトイレを意識しますがどこも長い列です。
逼迫してないので、我慢できるところまで行くことにしました。

今度は上ったら必ずやってくる下り坂です。足に負担をかけないように注意して
ブレーキをかけながら、そろーりと走るイメージで行きます。
下りで足にくるのは、みかた残酷、神鍋で経験済み。
どんどん抜かれてゆきます。マジで歩きたかったけど、後ろから
どんどん抜いてくるので歩くわけにも行かず、苦労した区間です。
やはり少し足に負担がきている感じがします。

坂を下ってからは、トイレ探し、5キロ毎のラップボタン、
30キロではショッツの補給とウィグライProの補給と考えることが多く忙しい(笑)
たまに写真も撮らないといけませんし・・。
s17

30キロ過ぎからは四万十川に合流しますが、よく覚えてない(爆)
s18
ちょっと後でコースビデオ見てみましょう・・・。

四万十川を渡るとき、八百七十○番、と教えていただきました。
順位を聞くと「もう少し上への欲」と「中位集団にいる後悔」が良い感じに入れ替わりします。
s19

40キロ時点のエイド通過時、トイレに誰も並んでなかったのでトイレに直行。
少し待ちましたが、これまでのエイドより空いてたのでラッキー!
ここは給食エイド。おにぎり、味噌汁、アンパンとかをいただきます。
すると60キロの先頭集団が凄い勢いで走り過ぎてゆきます。

まだ通過してなかったんだ!

60キロのスタートに間に合うとは思ってなかったのでびっくり。
食事が済んだら再び走り始めます。
しかし60キロの部の人は元気です。
よく考えたらもうこっちは既に40キロも走ってるんですね。
ここからは元気な60キロの人たちと一緒に、ゴールを目指して走ります。
つられる事無くひたすら自分のペースをキープです。

(スティッチとの遭遇)
暫く走ると、沿道の応援から「スティッチ」の声がします!
振り返るとスティッチが撮影のポーズ(笑)
ハンサムネコさん登場です!ここで一日ぶりのご挨拶!
暫く併走させていただきます。ネコさんはサブ4ペース狙いとのこと。
5分40秒くらいのペースで私は何とかついてゆきます。すこし違う筋肉を使うのでなんだか楽。
サブ4ペースならちょっと遅めのペースでした。ごめんねネコさん。
話しながら一緒に走れるのがうれしかったです。ありがとう!

よく覚えてないけど50キロ手前だったかな?
もうこれ以上は足に応えそうなので、先に行ってもらうことにしました。
s20

そしていよいよ距離上の中間点。
ここを過ぎたら腿前面に疲労がどっと出てきました。
無理すると攣りそうです。危険な雰囲気~~。

更に走るとついに沈下橋の登場。四万十川ウルトラの醍醐味。
s21
超気持ちいい~。
写真を撮りたかったけど、写真撮影ポイントなのでふつうに走ります(笑
橋を渡ったら折り返します。折り返しポイントは応援ポイント。

橋が終わったら50キロ過ぎの上り坂の登場です。
ここも無理せず、積極的に歩きます。しかし歩きとおさない。
走って、きついポイントだけ一瞬歩くを繰り返します。
ここも走れないほどの勾配ではないですが、20キロの峠坂よりも勾配はきつく感じました。
歩いてるので難なく上りきります!
s22
頂上付近から沈下橋のランナーです。

ここを過ぎたらカヌー館を目指すだけ。特別変わったことも無く足を運びます。
平坦な道でも少し長い時間走って、きつく感じると歩きます(笑)
s23

写真の順番がちょっと違うかも(笑)

長いのでレポ3に続く・・

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村の入り口

■四万十川ウルトラ<レポ1>前日~スタート前■

部屋からネットに繋げる事ができました(^_^)v
もちろん有料です(笑)
インドネシアから四万十川ウルトラマラソンのレポUPしておきます。

レポの前に今回の四万十川ウルトラマラソンのスタッフ、ボランティア、
沿道の応援、すべての皆さんに感謝をしておきたいと思います。
楽しい時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

<前日~スタート前>

今回の四万十川ウルトラマラソンではJTBのパックツアーを利用しました。
結果的に良かったと思いますが、車中泊の知り合いの多さにびっくり!
今回で要領がわかったので、次回からは車の移動も検討してみるとします。
利用したコースは行き帰り共バスです。走るにもお金がかかるので
民宿一泊、帰りはマラソン当日の夜行バスで帰阪の安いものにしてみました。

前日の移動はJR神戸駅8時集合。神戸迄の移動は慣れたものです。
駅前では難なくバスを発見し指定のバスに乗り込むと、平均年齢の高さにちょっと驚き。
知ってはいましたがウルトラは大人の競技!

神戸駅を出たバスは明石海峡大橋を通って淡路へ移動。そして四国入りします。
s1
バスの中で見た四万十川ウルトラのテレビ録画を見て、一人でウルウルしてました(笑)
s2
途中何回かの休憩を挟みながら、あっという間に受付会場に到着です。
s3
バスとはここでお別れ。

受付会場は人で溢れています。正面の受付に進み、何のトラブルもなく受付は終了。
s4

出店ショップに用は無いので、石を見に行きます。
地元の中学生たちが石に絵を書いたもの。自由に持ち帰っていいのです。
私が行った時には数も減ってました。早めに行かないとだめです。
s4
とある理由で選んだ一個を鞄に入れました
★教訓>受付会場では石⇒受付の順が良い

s5
応援ファックスもこんな感じで届いてるみたいですが、当然私には来ていません。
s6
実は家族と連絡を取ってくれていたmomocoちゃんが送ってくれていたみたいだけど
私の受付時間の方が早くて発見できず!残念でした!
会場内を見渡しても知ってる人はいません。
100キロ参加は1500人弱ですから逢えるのは奇跡でしょう。

受付会場に長居は無用と気づいた私は循環バスへ向かいます。
すると会場前の公園でテントを張っている人もいます。
s7
こういう方法もあるんですね。
人の流れに身を任せているとバスを発見。
時刻は16時少し前。前夜祭は17時開始。循環バスは一周30分。
悩みましたが直接前夜祭会場へ行くことにしました。

17時前会場が開き入場します。
s8
ハンサムネコさんも来るって話を聞いてたんで
入り口近くで料理にも近いポジションを確保!しかし、これが若干失敗。
テーブルにおにぎりと鰹のたたきが置かれてたのですが、開始と同時に
テーブルの全員がたたきにダッシュ!
たたきから110度くらいで、少し離れてたのでスタートダッシュ失敗!
人の間から手を伸ばして何とか一切れ確保!やった!
s9
やはりかつおからは90度以内のポジション、右手を伸ばすだけで済む位置を確保したい!
★教訓>鰹のたたきから、90度以内にポジションをとる

民宿の晩御飯もあるので軽めに食事をします。
そうこうしてると、インターネットブロードバンド放送のインタビューに出てくれと
依頼がありました。家に電話してからインタビューです、が帰宅後家族に確認すると
声が出てなかったそうです。
私の後に依頼されてたのがmaziさん。なんとこんな所で初対面です。
インタビュー前に握手したりとちょっと変なやり取りがありました。
★教訓>積極的にインタビューに出るなら家族に事前連絡を!

暫くすると、ハンサムネコさん登場!
人が多いのでこちらから声をかけさせていただきました。
ハンサムネコさんとは須磨以来です。
姫さん、アルフ1827さんとも初対面でご挨拶。

クラさん居ないな~なんて見回してると、隣のテーブルに居ました(笑)
ブログを見させてもらってるタボさんともご挨拶!
今回はブログのいろんな人に会えて信じられない感じです。

あっという間に1時間は過ぎ、会場を後にして民宿に向かいます。
さくっと着替えて晩御飯を済ませます。
同じ部屋の2人はウルトラ経験ありの方で、色々アドバイスをしていただきました。
その日は20時には就寝体制に入ったのですが、行きのバスでも寝てるし
当然ながら寝る事ができません(笑)
1時間ほどウネウネしてたら、もう21時でしたが、気がつけば1時過ぎでした。
少し寝れたみたいです。結局熟睡できぬまま3時前に起床。
★教訓>行きのバスでは寝ない!

スタート会場行きのバスは3時半から4時半まであるのですが、体育館は混んでるので
ギリギリまで民宿で過ごすほうが良いというアドバイスを頂き、一緒に4時半の最終バスに乗ります。
民宿でトイレを済ませる予定でしたが降臨せず。3回ほど粘ったのですが・・・(涙)
バスは程なく会場へ着きます。バスから降りてほんの少し歩かないといけません。
会場前の太鼓の演奏が気持ちを盛り上げてくれます!
s10
会場に入るとどこに何があるのか全くわかりません。冷静にすることを考えます(笑)
まずは手荷物を預けないと・・・汗

着替えはしていたのですが100%準備ができていなかったので、
人ごみの中であたふたとウエストポーチの準備とか走れる準備をして、
荷物を預けてトイレに直行!荷物は凄いことになってます(笑)
s12

そしてトイレの前には変態ランナーさんが一杯(笑)
s11
トイレ待ちの時、地味にストレッチ!
何とか12分前に降臨して、スタート位置に急ぎます。
10分前ということで相当後方からのスタートです。
★教訓>完全に走れる格好で民宿を出るべし。


いよいよ待ちに待った四万十川ウルトラマラソンのスタートです。

長いのでその2に続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村の入り口


■四万十川ウルトラ~データー■

インドネシア出張でバタバタ中につき、レポはだーいぶと先になります。
まず苦労しなくて済むデーターだけ消えてしまわぬ前にアップ。

距離 ラップ/5Km
0-5 36'24 スタートロスは1'30位なので大体キロ7分位
5-10 32'30
10-15 32'22
15-25 1'08'54 20Km取り忘れ→34'27/5Kmですね
25-30 31'39
30-40 1'00'31 35Km取り忘れ→30'15/5Kmですね
40-45 36'48 初トイレ&エイドで補給
45-50 29'54
50-55 37'40
55-60 34'59
60-65 49'40 カヌー館レスト大体15分くらいでしょうか。
65-70 35'00
70-75 36'15
75-80 37'07
80-85 36'05
85-90 34'10
90-95 34'55
95-100 34'52

公式タイム11時間39分14秒

今日は筋肉痛で階段下りるのが辛い!

<2010.10.30 追記> 
20キロラップゲットしたのでアップ

計測ポイント スプリット ラップ
20km 02:17:09
40km 04:22:33 2:05:24  ⇒下り坂効果ですね
60km 06:41:53 2:19:20
80km 09:19:58 2:38:05 ⇒15分レストなら2:24:05
Finish 11:39:14 2:19:16

0-20、40-60、80-100のラップが殆ど一緒なのが不思議!
注意してたけど60-80は、やはりペースダウン。
右肩痛も関係ありかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 ↑
ランキング参加中です!クリックして行ってね♪
DigitalClock
プロフィール

MJ

Author:MJ
<自分>
09/1~走りはじめた51歳♂
兵庫県猪名川町で活動中
ロードバイク初心者です!

<家族>
嫁(まぐ♪又はもとちゃん)
息子(いーる、社会人1年生!)
ドク(雄犬)→04年6月7日生
まいん(雌犬)→05年12月1日生

<趣味>
ダイエット・読書・ジョギング

<次の大会>
5月3日ユリカモメウルトラ70Km
7月2日姫ボタル瀞川平トレラン
    山賊ドえりゃあコース33km
9月24日村岡ダブルフル120Km

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。