エッフェル塔点灯

エッフェル塔2

エッフェル塔に行った時はもう夜になっていました。塔の下でウロウロしてたら急に塔が点滅し始めました。どうやら20時になったからみたいです。

塔には登りませんでしたが綺麗なエッフェル塔を見る事が出来てよかったです。

★エッフェル塔点灯はココをクリック★


スポンサーサイト

ドイツ出張<その7

最終日は移動だけです。昼過ぎの飛行機と言うこともありゆっくりすることが出来ました。パリホテル
空港内の免税店でお土産を見ましたがユーロ高でとてもじゃないけど手が出ません。パリらしいものをなんとか探して購入し、後はラウンジでビールとジャンパン三昧。その後飛行機に乗り込み日本を目指します。日本と欧州の時差はサマータイム期間と言うことで7時間。行きは頑張って起きていたら良いだけでしたが、帰りは割とと不安です。現地時間で活動していたら寝不足間違いなし。それもあって飛行に乗り込んだら即日本時間に時計を合わせて日本を意識した行動をとることにしました。映画を見たりしていましたが、日本時間の深夜1時(現地時間夕方6時)に就寝することしました。ビール、シャンパン、ワイン効果もあり5時間ほどそれなりに寝ることが出来ました。
つき

飛行機から見える空は雲もなくてきれいです。

若干の遅れはありましたが無事関空に到着することが出来ました。行きと違い帰りは荷物を持っての移動なので大変でした。バス停ではいーるとkazさんがお迎えにきてくれていました。kazさんはお風呂を沸かしてくれてて、肉じゃがとかの日本食を準備してくれていました。kazさん感謝感謝、ありがとうね。
お土産はこんな感じです。
おみやげ


今回の出張でドイツの印象が良くなりました。田舎町と言うこともあったかと思いますがきれいな町並みもとてもよかったです。フランスは市街地に行ったせいもあるかと思いますが、車が多くてごみが多かったです。

月曜日出発日曜帰宅という長い出張も無事終えることが出来ました。今回の出張はいろいろ文化の違いとか経験することが出来て非常に勉強になり良かったです。語学の重要性を再度認識させられました。話せるとカッコいいです。10年後を目指して語学学習頑張ります。

終わり<と言いつつもう一回だけお付き合いください。



ドイツ出張<その6

そろそろドイツ出張シリーズも終わりが近づいてきました。

同行していたと二人でタクシーを呼んでパリ市街地に移動です。途中まで順調に走っていたのですが市街地は金曜の夕方と言うこともあり大渋滞。にっちもさっちも行かないので何とかセーヌ川を越えたところでタクシーを降りることにしました。目指すはコンコルド広場です。私、先々週からの出張続きで何もパリについて調べられていません。同行の方の指示に従い、がんがん歩きます。
コンコルド広場
ここからシャンゼリゼ通りを歩き凱旋門に向かいます。結構観光客らしき人を見かけます。
しばらく歩くと凱旋門が見えてきました。凱旋門近くまで来たときはもう日も暮れていました。
凱旋門

凱旋門を見た後目指すはエッフェル塔です。
程なくエッフェル塔が見えてきました。夜のエッフェル塔は僕の知っているのと違ってきれいです。
エッフェル塔
この後シャンゼリゼ通りに戻り晩飯を食べることにしました。パリ観光のためにユーロに換金していたのですが、クレジットカードの使えないタクシーにあたってしまったおかげで私の手持ちユーロが無くなっていたのでカードの使えるそれなりの店を探してうろうろしていました。凱旋門近くのレストランを見つけやっと本日の夕食です。
ハンバーガー

ユーロ高です。メニューを選ぶにも注意が必要です。選んだのはスタンダードハンバーガーとグラスBEER。ハンバーガー19ユーロ、ビール6ユーロ。合計25ユーロ。私たちが換金していたレートは1ユーロ183円程度。と言うことはこのハンバーガーとグラスビールで4500円です。洒落になんない高さです。

この後タクシーを待っていたのですがなかなか来ないので凱旋門近くのバスに変更してシャルルドゴール空港まで移動。空港からホテルのバスに乗り込み本日のイベント終了です。

・・・つづく

ドイツ出張<その5

三日間の英語漬け生活も無事終了。三日目は夕方前までだったので学会終了後移動です。アウトバーンを一時間ほど飛ばして別のホテルに移動しました。関係会社の方と同時に移動と言うこともあり計8人の移動でした。
あうとばーん

ドイツ入りして三つ目のホテルは前日までのホテルより落ちますが、民宿よりは上で落ち着いた感じの部屋。
3泊目

ホテルのフロントのお姉さんに地元の店を聞き初めて地元の店に入りました。メニューがドイツ語で何かいているのかわからないので、ピツァやパスタなんかを英語の話せる方にお任せでお願いしてもらって、ここでもビールの登場です。こんな風に英語が使えると役に立ちます。
りょうり

ぱすた

くろ

いちごBEER

一番下は苺の入った甘いビールです。メニューがドイツ語でよくわからないので適当にメニューを指差したら出てきました。とても甘いけど有りかな、という味です。現地の人はカクテル感覚で飲むのかな。ビール旨かったです。

四日目が終了し五日目午前はレーザー会社を訪問。昼からフランクフルト空港に車で移動し空路パリへ移動しました。空港入りが思っていたより早かったので一つ早い飛行機に変更しました。その結果4つ目のホテルへ入った時間が結構早かったのでその足でパリ市街地に遊びに行くことにしました。


ドイツ出張<その4

まだ続きます。

昼前に昨日パリに忘れてきた荷物が届いたという連絡があり昼休みにとりにいってきました。写真はホテル前の公園を突っ切って昨日予約していた(はずの)ホテルに向かっているところです。
荷物

また会場ホテルのキャンセル待ちをしていたところ、昼過ぎに部屋を確保する事が出来ました。コレで安心です。今度の部屋はこんな感じで昨晩の民宿と比べると雲泥の差です。
ドルチェ


三日間の昼飯、晩飯合計5食は会場ホテルが参加者のためにバイキングを準備ています。その時間になったら勝手にいって勝手に食べる事が出来ます。晩飯の時にはビールカウンタが設置されビールやワインも自由に飲む事が出来ます。
めし

beer


昼休みが1時間半あるので2日目の昼休みにはホテル近くのウロウロしました。たまたまスーパーを発見したのでソコでお土産を少々購入しました。

続きを読む

ドイツ出張<その3

ドイツ入り二日目からこの会合に出席です。民宿に呼んだタクシーに乗り込みドルチェというホテルに入り受付を済ませました。会場に入って驚いたことは会場近くにテーブルいくつもあって、そこに置かれている珈琲、水、炭酸水、ジュース、コーラ、食べ物はフルーツ、ケーキなど何時でも何処でも飲み放題、食べ放題。
ココで少し真面目は話をしておきます。今回ドイツへ出張した目的はEURO CAR BODY 2007に出席するためです。そもそもこのイベントって何って事なんですが、ネットで調べてみると下記のようなコメントを見つける事が出来ました。
___________
2000年よりドイツ、フランクフルト郊外、パートナウハイムで毎年開催されるボデイの設計、性能、製造領域の技術の祭典です。日米欧の自動車メーカーがボードメンバーとなっているNPO団体 Automotive Circle Internationalが主催します。技術者のネットワ-キングづくりと情報交換・技術調査が一度に可能。欧州、日本、アメリカ、韓国のボデイ開発、製造技術者が参加する人気の催しです。________________________________
具体的な進行を説明しますと、各自動車メーカーが最新車種の技術紹介をプレゼンして現車の確認会をするってものです。発表は英語、ドイツ語、フランス語で英語、ドイツ語へそれぞれ同時通訳があります。そこで疑問がわくのが英語、ドイツ語への同時通訳・・・。そうなんです私が入手できる情報は英語のみ(笑)はじめ頑張って理解しようと聞き入りました。ですがその努力が無駄であることを速攻で認識しました。わからないものは頑張っても無駄なんですね。一般の人が100Mを10秒で走れないのと同じ。いくらその時頑張ってもだめ・・・無理無理(笑)

今回参加していた車ははこんな感じです。

続きを読む

ドイツ出張<その2

「NO BOOKING!」の言葉に唖然としましたが、くじけてはおれません。とにかく泊まる事を探さないと何しに来たのかわかりません。フロントの兄ちゃんに何とか探してもらえるよう依頼。兄ちゃんは電話で話をしています。泊まれるところがあるようで仕方なくそこに宿泊を依頼。当初3泊を予定していたので3泊分を確保し、新しいホテルからの迎えを待ちました。迎えのゴルフに乗り込んで向かった先はそこから5分ほどの所にありました。たどり着いたのは民家の間にある3階建てのホテル。ホテルというより民宿です。ホテルの人がガチャガチャ鍵を開けて(誰も泊まってないのかよ!)中に入ると、フロントも何もありません・・・。二階に上がり案内された部屋に入ると、ベッドとテレビだけがある質素な部屋です。民宿

民宿2
テレビにリモコンもありません(涙)。リモコンの無いホテルなんて泊まったこと無いです。とにかく荷物を置きましたがスーツケースも無いので何もする事がありません・・・。

極限まで喉が渇いていたので同行の方の部屋に行き、先ほどのホテルに行く途中に開いていたスーパーに行って見ることにしました。たどり着いたスーパーはすでに22時で閉店。この時22:30過ぎてました。仕方ないのでホテルに帰り喉の渇きをガマンしつつシャワーを浴びてとっとと寝ることにしました。予定ではホテルのバーかなんかでビールを飲んでほろ酔い気分で寝るはずだったのですが・・・。翌日はEURO CAR BODY 2007の初日です。8時から受付が始まるということで7:30にタクシーを呼んでます。長かった1日目もやっと終わり就寝です。就寝時間はたしか23:30前だったように記憶しています。日本時間で翌日6:30。徹夜です。
この日は眠たかったのですが意識が高揚していたせいか、なかなか寝付けずトイレに何回も起きて熟睡できませんでした。

翌朝7:30前同行の方と顔をあわせた所、ココに3泊はキツイので何とかならないか会社の担当の方と連絡を取っている途中で携帯の電池が無くなったということ。とにかく事情だけは伝えたので何とかしてもらおうということになりました。私たちココの民宿は一泊だけで勘弁してもらいたかったのでとっとと精算して移動したかったのですが、出発の時誰も居ません(笑)。鍵を預けることさえできません。相談の結果良く目立つ所に鍵を置いてホテル(民宿)を出発することにしました。

こうしてドイツ1日目のバタバタが終了したのでした。
民宿


わかりにくいですが対向車右後ろの3階建ての建物が一泊目のホテル(民宿)です。

・・つづく。



ドイツ出張<その1

今回のドイツ出張の計画は10月15日(月)出発、21日(日)朝帰国という6泊の計画。出張目的はEURO CAR BODY 2007 という学会に出席するためです。
http://www.automotive-circle.de/index.html

今回の出張、比較的長期であるということも有りスーツケースの購入から始まり準備は本当に大変でした。フライトキャディサービスを利用し前日の日曜日午前中にスーツケースを預ける事が出来たので当日は機内持ち込み鞄だけだったので楽勝です。

当日は同行する方と関空10時に待ち合わせでいけるようJR尼崎からリムジンバスで移動しました。チケットを受け取り出国審査を経て11:50発のJL5501便に搭乗です。飛行機内は機内食も美味しく結構快適に過ごす事ができご機嫌です。エールフランス便ということで若干の不便さはありましたがスチュアーデスさんが日本人という事もあり何とかなりました。パリ経由でフランクフルト入りする計画だったのですが、現地パリ到着時間は17:15。日本とはサマータイム期間中ということで7時間の時差。つまり日本時間23:15です。(ココからは時間を後日補足します。)シャルルドゴール空港でフランクフルト行きに乗り換え、フランクフルト到着です。

フランクフルトで荷物を待っていたのですが、一向に出てくる気配がありません。団体客のツアコンの女の人がフランスで荷物積み忘れがあったみたいという情報を聞き不安になっていたのですが、やはり出てきません。空港のおねえさんが近くに来たので「FINISH?」と確認してみたら「FINISHED!」と元気にお返事いただきました。明日の会議に必要なんだと説明しても翌日8:25にならないと荷物が届かないらしい。ということで手続きを済ませ、翌日到着した荷物のホテルへの運送を依頼しフランクフルトから会場のバッドナウハイムへ移動することにしました。

手荷物も減ったのでいっちょ電車を利用してみるかということになりフランクフルト中央駅まで短い鉄道旅行です。切符の販売機を探して鉄道乗り場まで行くと、改札無しで駅に来てしまいました。何がなんだか良く分からないので地図を片手に近くに居る人に聞いてみた所この券売機で切符を買えということです。
切符販売機

言われた金額の切符を買って電車に乗り込み3駅先の中央駅に到着。ここの写真は無いのですがヨーロッパの駅って感じで天井が高くてめっちゃカッコ良かったです。人のHPにリンクしちゃいます。こんな感じです。http://www.geocities.jp/yasummoya/europe05/FFM/ffmhbf.htm
そこで驚いたのが出口にも改札が無いって事。さっき苦労して買った切符はナンなの??因みに自転車の乗り入れも出来るみたいでそれにも驚きました。ソコから先はタクシーでバッドナウハイムへ移動することにしました。

タクシーはベンツのディーゼル。高速を使ってスイスイ飛ばしていきます。ドイツは高速道路の国。タクシーでも容赦しません。170Km位は平気で出します。結構時間が掛かったと思います。やっと本日宿泊するホテルに到着。この時点で現地時刻22:00。(日本時間翌朝5:00)すでにふらふらです。

ホテルのフロントで予約があることを告げ調べてもらうと、「NO BOOKING(予約されてない)」と悲しいお知らせです。どうやら会場のドルチェというホテルの紹介で予約をしていたのですが色々手違いが有り予約がなくなってしまっていたようです。とほほ・・・。

次に続く・・・


ドイツから帰国しました

どるちぇ

本日何とか帰国する事ができました。
帰宅したらkazさんがお風呂沸かしてくれてて、なすの揚げ煮や肉じゃがなどの日本食を食べさせてくれました。感謝感謝。

とりあえずの帰国連絡です。
詳細はこれからUPしていきたいと思いますのでよろしく!

今度は大分出張でした。

9日火曜日から12日金曜日まで中津に行って来ました。
業務応援という形だったので終日現場仕事で足腰が疲れてしまいました。

来週からはドイツへ出張です。
15日出発で21日朝関空着に変更になりました。今度は移動時間が長いからしんどいやろうな~~。

明日午前中荷物の引取りを依頼したので本日は荷造りの最終日ということでバタバタでした。今週の中津出張で何にも出来なかったのでそれがこたえました。先ほど何とか完了。入れ忘れたビデオのバッテリー充電機を入れたら完了です。

明日、荷物だけお先に出発です。

めろん


富山出張でした

金曜日は珍しく富山へ出張でした。富山へ行くのは久しぶりです。16年ぶりくらいでしょうか?

社内でメーカーさんたちの集まりがあるのですが、私その会合の室の幹事なんです。今回は研修会ということでメーカーさんの工場見学会が富山で開催されるのでサンダーバードに揺られて富山入りしました。

研修会終了後富山で親睦会があるということでそちらに出席。富山からの最終が20時前のため、当日は富山で宿泊することにしておりました。実はこの出張私含め二人で出張だったので、次の日は立山あたりの観光を計画しておりました。

次の日8時過ぎに電鉄富山から立山へ行くのに駅に行きましたが、時間が有るので切符を買ってドトールコーヒーで朝食をとってじかんを粒居していました。30分ほど時間を潰して改札に行くと「ケーブルカー二時間待ち」と書かれた看板が出ているじゃありませんか。

二時間待ちは私達にはちょっと苦しい時間です。行ったはいいが帰宅に支障があっては何をやっているのか分かりません。相談した結果、立山観光は断念。駅の観光案内を探して他に行く所がないか検討した結果が富山城。
富山城


路面電車に揺られて行って参りました、富山城。
・・・公園ですね。富山城公園。
特別見るものもなく公園を一周して駅に戻ることになってしまいました。
再度観光案内を見ると10月6.7日はとやまの味覚市を駅北でやっているという情報をGET。
今度は駅北へGO。この時点で荷物の重さに相当疲れています。
へんしんきゅうり

味覚2

あちこち出店がでている文化祭的な出店です。
ここについた時10時。まだお腹一杯です。結局何かを食べるわけでもなく、ぐるっと一周して休憩してかえるか~、ということになってしまいました。

お土産を買って11:11発のサンダーバードで大阪に向かうことになりました。思っていたより早く帰ってきたのでkazさんは大喜びで迎えてくれました。
おみやげ


DigitalClock
プロフィール

MJ

Author:MJ
<自分>
09/1~走りはじめた51歳♂
兵庫県猪名川町で活動中
ロードバイク初心者です!

<家族>
嫁(まぐ♪又はもとちゃん)
息子(いーる、社会人1年生!)
ドク(雄犬)→04年6月7日生
まいん(雌犬)→05年12月1日生

<趣味>
ダイエット・読書・ジョギング

<次の大会>
5月3日ユリカモメウルトラ70Km
7月2日姫ボタル瀞川平トレラン
    山賊ドえりゃあコース33km
9月24日村岡ダブルフル120Km

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク