FC2ブログ

ドイツ出張<その2

「NO BOOKING!」の言葉に唖然としましたが、くじけてはおれません。とにかく泊まる事を探さないと何しに来たのかわかりません。フロントの兄ちゃんに何とか探してもらえるよう依頼。兄ちゃんは電話で話をしています。泊まれるところがあるようで仕方なくそこに宿泊を依頼。当初3泊を予定していたので3泊分を確保し、新しいホテルからの迎えを待ちました。迎えのゴルフに乗り込んで向かった先はそこから5分ほどの所にありました。たどり着いたのは民家の間にある3階建てのホテル。ホテルというより民宿です。ホテルの人がガチャガチャ鍵を開けて(誰も泊まってないのかよ!)中に入ると、フロントも何もありません・・・。二階に上がり案内された部屋に入ると、ベッドとテレビだけがある質素な部屋です。民宿

民宿2
テレビにリモコンもありません(涙)。リモコンの無いホテルなんて泊まったこと無いです。とにかく荷物を置きましたがスーツケースも無いので何もする事がありません・・・。

極限まで喉が渇いていたので同行の方の部屋に行き、先ほどのホテルに行く途中に開いていたスーパーに行って見ることにしました。たどり着いたスーパーはすでに22時で閉店。この時22:30過ぎてました。仕方ないのでホテルに帰り喉の渇きをガマンしつつシャワーを浴びてとっとと寝ることにしました。予定ではホテルのバーかなんかでビールを飲んでほろ酔い気分で寝るはずだったのですが・・・。翌日はEURO CAR BODY 2007の初日です。8時から受付が始まるということで7:30にタクシーを呼んでます。長かった1日目もやっと終わり就寝です。就寝時間はたしか23:30前だったように記憶しています。日本時間で翌日6:30。徹夜です。
この日は眠たかったのですが意識が高揚していたせいか、なかなか寝付けずトイレに何回も起きて熟睡できませんでした。

翌朝7:30前同行の方と顔をあわせた所、ココに3泊はキツイので何とかならないか会社の担当の方と連絡を取っている途中で携帯の電池が無くなったということ。とにかく事情だけは伝えたので何とかしてもらおうということになりました。私たちココの民宿は一泊だけで勘弁してもらいたかったのでとっとと精算して移動したかったのですが、出発の時誰も居ません(笑)。鍵を預けることさえできません。相談の結果良く目立つ所に鍵を置いてホテル(民宿)を出発することにしました。

こうしてドイツ1日目のバタバタが終了したのでした。
民宿


わかりにくいですが対向車右後ろの3階建ての建物が一泊目のホテル(民宿)です。

・・つづく。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

DigitalClock
プロフィール

MJ

Author:MJ
<自分>
09/1~走りはじめた51歳♂
兵庫県猪名川町で活動中
ロードバイク初心者です!

<家族>
嫁(まぐ♪又はもとちゃん)
息子(いーる、社会人1年生!)
ドク(雄犬)→04年6月7日生
まいん(雌犬)→05年12月1日生

<趣味>
ダイエット・読書・ジョギング

<次の大会>
5月3日ユリカモメウルトラ70Km
7月2日姫ボタル瀞川平トレラン
    山賊ドえりゃあコース33km
9月24日村岡ダブルフル120Km

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク